理数科研修旅行

理数科 研修旅行 ( H30.10.17~19 )

 

本校理数科では、2年生が研修旅行を行っています。

今年度は京都・大阪の企業や研究所等を訪問し、最先端の科学技術について学びました。

 

☆ 1日目

 

【量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所】 

  


「スーパーコンピュータで探るタンパク質分子の形を動き」について講義を受けた後、

研究施設を見学しながらもう一度講義の内容について詳しく教えていただきました。

 

【京都大学】

  


堆積学を研究されている准教授に講義をしていただき、

専門的な内容について学ぶとともに、

大学での答えのない問題に取り組む際の考え方を学ぶことができました。

 

現在、課題研究に取り組んでいる生徒にとって、良い刺激となったようです。

 

☆ 2日目

 

京都班と大阪班に分かれて活動を行い、

京都班は島津製作所と京セラファインセラミック館を、大阪班はJT生命誌研究館を訪問しました。

 

~京都班~ 

 

【島津製作所】 

  


ここでは、研究し開発された製品を直に見ることができました。

右の写真は、脳内の酸素濃度を測定する装置を実際に体験しているところです。

今、自分たちが取り組んでいることの延長にあるものに触れることができた貴重な体験になったようです。

 

【京セラファインセラミック館】

  


会社の創業に至るまでのVTRを視聴し、製品の説明を受けた後に展示ブースを見学しました。

セラミックとファインセラミックの違いや、ファインセラミックの中でも用途によって様々なものがあることを学びました。

展示の中には携帯電話などの身近な商品も多く、興味深く見学を行っていました。

 

~大阪班~

 

【JT生命誌研究館】 

  

チョウは前脚で植物を見分け、幼虫が食べる植物の葉に産卵することを教えていただきました。

屋上にはチョウの食草園が作られており、チョウの幼虫を数多く見ることができました。

 

【海遊館】

  

 

飼育員の方からジンベエザメの生態や水族館の社会的な役割について説明を受けたあと、

バックヤードに移動し、水のろ過装置やジンベエザメの水槽を見学させてもらいました。

生態調査に興味を持つ生徒や、飼育員という職業に興味を持つ生徒もいました。

 

☆ 3日目

 

【理化学研究所(放射光科学研究センター)】

  


放射光を用いた研究施設であるSpring-8とSACLAについて講義を受けた後、巨大な実験施設を見学しました。

「是非、ここで実験をする研究者になって戻ってきてください」と激励をいただきました。

 

【灘浜サイエンススクエア(神戸製鉄所)】

  
 

神戸製鉄所に関する説明を受けた後、施設内を案内していただき、ビレットから 線材を作る装置を見学した。

製鉄所内の温度の高さや1チーム19人で作業を行っていることに驚いた様子でした。

サイエンススクエアでの体験活動にも興味深く取り組んでいました。

 ホーム
福岡県立新宮高等学校
〒811-0119福岡県粕屋郡新宮町緑ヶ浜1丁目12番1号
Tel:092-962-2935  Fax:092-963-1694
Copyright (C) 福岡県立新宮高等学校. All rights reserved